自力でホームページって作れるの?プロの業者に頼まずにホームページを作る方法

ホームページ作成ソフトや無料テンプレートを利用しよう

自分の商品や事業を多くの人に知ってもらいたい場合に役立つのが、自分のホームページを公開することですが、予算がないからプロの業者には頼めないと悩んでいる方もいるでしょう。
プロの業者だけでなく、ホームページ作成ソフトやテンプレートを利用すれば自分でホームページを作ることができます。
インターネットからテンプレートをダウンロードする無料のものやデザインもできる有料のソフトがあり、テンプレートの場合には、レイアウトなどがあらかじめ決められているので、その中に文章や画像を組み入れていくだけなので、全く知識がない方でも比較的簡単に作れます。
ただし、決められたレイアウトとなっているため、オリジナル性には欠けるというデメリットもあることを知っておきましょう。

ホームページにはドメインやサーバーが必要

ホームページを作成するには、伝えたい文章や見せたい画像を用意することが大切ですが、それとは別にホームページを公開するためには、ドメインとサーバーが必要となります。
ドメインとはホームページの住所にあたる名前のことで、サーバーはホームページに表示されるデータを保管しておく場所のことをいいます。
ドメインを取得するには、インターネットで検索するとドメインを提供している会社がでてくるので、自分がつけたい名前が実際使えるかをまずは確認し、使える場合にはその名前で契約します。
サーバー契約は、ドメインを取得した際に提携しているレンタルサーバー会社がたいがい用意されているので、同時に契約してしまうのが良いでしょう。

HP作成は決して難しいものではありません。HTMLという言語の書き方を覚えるだけで、誰でも簡単に思い通りのHPを作成できます。

© Copyright Web Portal Service. All Rights Reserved.